【鬼滅の刃】胡蝶しのぶの可愛いけど口が悪すぎる名言

【鬼滅の刃】胡蝶しのぶの可愛いけど口が悪すぎる名言

みなさんこんにちは。

鬼殺隊で一番可愛いキャラは胡蝶しのぶだと思っている『yuuri』です。

個人的には女子キャラの中で胡蝶しのぶがダントツで好きなのですが、これに関しては賛否両論分かれるかもしれませんね。

だって他にもカナヲ推しとか蜜璃推しとか色々いるかと思いますから笑

個人的にはどのキャラも好きなのですが、特に好きなのが胡蝶しのぶってだけの話なんなんですけど。

 

ということで今回は胡蝶しのぶの名言についてです!

胡蝶しのぶといえば普段は優しい口調で、女性らしい言葉遣いをしますが…鬼が相手の場合は異様なほどこわい発言をしますよね笑

これがギャップ萌えなのかなとか思いましたよ。

今回はそんな妖艶だけど口が時々悪くなる胡蝶しのぶの名言を紹介します笑

 

胡蝶しのぶとは

名前:胡蝶しのぶ

性別:女性

年齢:18歳

所属:鬼殺隊・蟲柱

呼吸:蟲の呼吸

アニメ「鬼滅の刃」公式サイト

 

胡蝶しのぶは蟲の呼吸を使う蟲柱です。

見た目はとても小柄な女性で一見すると鬼の頸を斬れないような気がします…が、実は胡蝶しのぶは鬼の頸を斬らなくても鬼殺できる唯一の女性剣士でもあります。

その方法は『』です。

胡蝶忍の使う日輪刀には藤の花の毒が仕込まれています。この毒を体内に流し込まれた鬼は、ぐずぐずに内側から溶けてしまうようです。もはや頸を切られるよりも恐ろしい…

 

胡蝶しのぶには夢があります。その夢というのは『鬼と仲良くしたい』という夢です。ですがこれは胡蝶しのぶ自身の夢ではありません。

どういうことなのかというと『鬼を仲良くしたい』という夢は姉の胡蝶カナエから引き継いだ夢だったんです。その胡蝶カナエは上弦の弐・童麿の手によって殺害されています。

こういう経緯があって胡蝶しのぶの中には、『鬼と仲良くしたい』という胡蝶カナエから引き継いだ夢と『姉の命を奪った鬼を滅したい』という本当の思いとが混在するようになります。

時折サイコじみた言動をするのも、この二つの感情が入り乱れていて不安定な状態だからかもしれませんね。

 

胡蝶しのぶの名言

胡蝶カナエの意思を受け継いだ後には物腰柔らかな言動をすることが多いですが…鬼殺になると途端に雰囲気が変わるのが胡蝶しのぶのいいところでもありあます。

もはや鬼に対しては狂気じみたフレディみたいなことを言いますよね笑

もちろん普段は優しいのですが…その二つの性格のギャップがまた良きです。

口が悪いけどその心は優しいことが伝わってくる胡蝶しのぶの名言をお楽しみください!

 

名言1:人も鬼もみんな仲良くすればいいのに…

 

人も鬼もみんな仲良くすればいいのに。

冨岡さんもそう思いません?

引用:鬼滅の刃 第28話 より

 

これは胡蝶しのぶが冨岡義勇に対していった言葉ですね。

これは胡蝶しのぶの初登場の際にいったことん場なのですが、なんとも怪しい感じが良かったですよね。

この言葉を聞いた当初は『もしかして胡蝶しのぶは本当に鬼と仲良くしたいのかな?』とか思いましたが、実際には鬼のネズコを問答無用で滅しようとしました。

今にして思えば、本心からの言葉じゃなかったとわかります。

個人的には冨岡義勇に同意を求める姿が可愛いと思いました笑

 

avatar

漫画好きの女性

同意を求めるあたり幼さを感じる

胡蝶しのぶって実は20歳前くらいなんだよね笑

avatar

通りすがりのオタク

 

名言2:こんばんは。今日は月が綺麗ですね。

 

こんばんは。今日は月が綺麗ですね。

引用:鬼滅の刃 第41話 より

 

これは胡蝶しのぶが累の姉に言った言葉ですね。

鬼に対しても優しい言葉をかける胡蝶しのぶ。月と胡蝶しのぶの組み合わせなんて最高だと思いませんか?笑

あんたの方が綺麗だよ!

と叫びたくなったのは自分だけじゃないはず笑

実際にはこの後、累の姉にはサイコパスじみた拷問を提案するのですが…それを全く感じさせないセリフだと思います。

胡蝶しのぶの言葉の上下がジェットコースターすぎるのもまた魅力ということで笑

 

avatar

漫画好きの女性

胡蝶しのぶと月…これほど似合う組み合わせがあるなんて

一度は胡蝶しのぶに言われてみたいセリフ候補の一つ笑

avatar

通りすがりのオタク

 

名言3:人の命を奪っておいてなんの罰もないなら…

 

人の命を奪っておいてなんの罰もないなら、殺された人が報われません。

引用:鬼滅の刃 第41話 より

 

これも胡蝶しのぶが累の姉に言った言葉です。

このセリフには胡蝶しのぶの本心が現れているのよううな気がします。

鬼によって最愛の姉の命を奪われてしまった胡蝶しのぶ。そのことを恨んでいるからこそ『殺された人が報われない』と言っているのではないでしょうか。

胡蝶しのぶが言っている”殺された人”の中には累の姉の手にかかった鬼殺隊士も含まれているのでしょうが、一番は『姉の胡蝶カナエ』のことを指しているんでしょう。

鬼と仲良くしたいと言っている一方で、鬼は罰しなければ気が済まない。そんなことを考える胡蝶しのぶの心境が伺えます。

 

avatar

漫画好きの女性

このセリフはぐうの音も出ないくらいの正論

現実の人たちにも絶対に知ってほしい言葉だよね

avatar

通りすがりのオタク

 

Advertisement

 

名言4:蟲の呼吸 蝶の舞 “戯れ”

 

蟲の呼吸 蝶の舞 “戯れ”

引用:鬼滅の刃 第41話 より

 

これは累の姉に対していったセリフですね。

このシーンは嫌でも覚えていますよ。胡蝶しのぶの技の中で唯一アニメ化されているものですからね。

蟲の呼吸とは言いつつも、アニメではこの蝶の舞を使った後には蝶が花びらのようにが舞い散っていました。蟲の呼吸と言いつつも、姉の花の呼吸の影響を強く受けているような気がします。

累の姉との戦闘はその技名通り”戯れ“でしかなかったんでしょうね。

蟲の呼吸と聞いたので蟲が出てくる演出かと思いましたが、想像以上に綺麗な技でした笑

 

avatar

漫画好きの女性

この技見ると他の技も見たくなるんだよね

まさに胡蝶しのぶのためだかの技って気がする

avatar

通りすがりのオタク

 

名言5:鬼殺隊・蟲柱 胡蝶しのぶ…

 

鬼殺隊・蟲柱 胡蝶しのぶ。

私は柱の中で唯一鬼の頭が切れない剣士ですが、鬼を殺せる毒を作ったちょっとすごい人なんですよ。

引用:鬼滅の刃 第41話 より

 

これも累の姉に言った言葉ですね。

『蟲の呼吸 蝶の舞 “戯れ”』の技を使って累の姉を倒した後に、まさかの自己紹介を始めます。その姿にキュンとした人もいたのではないでしょうか笑

もしかしたらキュンとしたのは自分だけかもしれませんけどね(汗

 

相手が絶命してるのにまさかの自己紹介を始めてしまう胡蝶しのぶ。想像してみるとめちゃくちゃシュールな光景です。

せめて相手が意識を失う前に自己紹介しなよとかいうメタ発言は無しにしましょう笑

アニメ版では胡蝶しのぶの素晴らしい剣さばきを拝むことができます。その件をさばいている姿がめちゃくちゃかっこいい!

もはやペン回し以上に日輪刀を回していましたからね。力がないなんて嘘じゃないかって思いましたよ。

ぜひここはアニメで見てほしいシーンです笑

 

avatar

漫画好きの女性

胡蝶しのぶの自己紹介がかっこよすぎる件について

ペン回しならぬ剣回し。剣はペンよりも強し笑

avatar

通りすがりのオタク

 

名言6:君には私の夢を託そうと思って…

 

君には私の夢を託そうと思って。鬼と仲良くする夢です。

きっと君ならできますから。

引用:鬼滅の刃 第49話 より

 

これは胡蝶しのぶが炭治郎に対していった言葉ですね。屋根の上での会話のセリフになります。

ここで胡蝶しのぶの言っている『鬼と仲良くする夢』というのは、姉の胡蝶カナエの夢でもありました。最愛の胡蝶カナエの夢を受け継ぐことで、胡蝶しのぶは想いを受け継いだと感じているんでしょう。

ですが胡蝶しのぶはその夢を達成できそうにありませんでした。

なぜなら…

 

姉の命を奪った鬼をどうしても許せなかったから

 

ですから姉から託された(受け継いだ)夢を、またさらに違う人物に託すことで『胡蝶カナエの思いは消えない』と思いたかったのではないでしょうか。

炭治郎に託したのは鬼のネズコを一生懸命守る姿に、胡蝶カナエの夢見た理想を重ね合わせることができたからでしょう。

なんだか物腰の柔らかい雰囲気がありますが、いろんな想いを背負って生きているということがわかりますよね。

 

avatar

漫画好きの女性

胡蝶しのぶの夢って本当はどっちなんだろう

でも普通に考えて、自分の家族の命を奪った種族を許せるわけがないよね

avatar

通りすがりのオタク

 

Advertisement

 

名言7:自分の代わりに君が頑張ってくれていると思うと…

 

自分の代わりに君が頑張ってくれていると思うと、私は安心する。

気持ちが楽になる。

引用:鬼滅の刃 第50話 より

 

これも炭治郎に対して胡蝶しのぶが言った言葉です。

説明は先ほどの名言6の時とほとんど一緒になるので省きますが…このセリフで一番気になるのは『気持ちが楽になる』という一文ですよね。

この夢を持っているのが本当にツラいからこそ、みんなをまとめる柱という立場でありながら『気持ちが楽になる』という言葉を漏らしたのではないでしょうか。

 

鬼を仲良くしたい

鬼を一匹残らず滅殺したい

 

この二つの絶対同時に実現しない夢。でもその夢を諦めるのは姉の思いを消すことになる。

逃げたくても逃げられないという現実が、もしかしたら胡蝶しのぶを精神的に追い詰めていたのかもしれませんね。

 

avatar

漫画好きの女性

なんか胡蝶しのぶって悲しい人だね

胡蝶しのぶが心から笑っている姿を見ることはできるのだろうか

avatar

通りすがりのオタク

 

名言8:つらいも何もあるものか…

 

つらいも何もあるものか。私の姉を殺したのはお前だな?

この羽織に見覚えはないか。

引用:鬼滅の刃 第141話 より

 

これは上弦の弐の童麿と初対面した時のセリフです。

 

この羽織に見覚えはないか?

 

ここで胡蝶しのぶの言っている『この羽織』というのは胡蝶カナエがいつも身につけていたものです。胡蝶カナエが鬼に命を奪われてからも、形見のように胡蝶しのぶが身につけていました。

胡蝶しのぶにとっては”形見“というよりも、”復讐心を忘れないためのもの“だったのかもしれません。

普段は冷静で怒った姿を見せない胡蝶しのぶですが、作中で初めて感情的に怒りをあらわにした瞬間でもあります。

この時の胡蝶しのぶは怖すぎるけど…カッコよすぎる

 

avatar

漫画好きの女性

普段怒らない人が怒ると怖いの法則

ここで童麿が『見覚えない』って言ってたら、怒りで血管切れてただろうな(汗

avatar

通りすがりのオタク

 

名言9:地獄に落ちろ

 

地獄に落ちろ

引用:鬼滅の刃 第143話 より

 

これは童麿に追い詰められた時の胡蝶しのぶの言葉です。

胡蝶しのぶがいくら蟲柱で強いとはいえ、相手は何人もの柱の命を奪っている上弦の弐の鬼です。

胡蝶しのぶも珠世とともに開発した新しい毒で善戦しますが…あえなく追い詰められてしまいました。その時に童麿は胡蝶しのぶに囁きます。

 

何か言い残すことはあるか?

 

その質問に対しての回答がこのセリフです。

個人的には『お前を許さない』とかそういう発言をするのかと思っていましたが…まさかの予想のさらに上を行きましたね笑

もしかしたらこの言葉遣いの方が本来の胡蝶しのぶなのかもしれないとすら思いましたよ。

見た目からは想像できないくらい気が強い女性ですよね。そんな胡蝶しのぶを吸収した童麿…許せるわけがねぇ…

 

avatar

漫画好きの女性

このセリフは間違いなく胡蝶しのぶの本心

今までの人生の全てが集約されてる言葉でもある

avatar

通りすがりのオタク

 

Advertisement

 

名言10:とっととくたばれ、糞野郎。

 

とっととくたばれ、糞野郎。

引用:鬼滅の刃 第163話 より

 

これは童麿の精神世界?みたいなところに現れた胡蝶しのぶのセリフです。

胡蝶しのぶの命を奪った童麿を伊之助とカナヲの二人でようやく討伐することができました。意識が失われていく中で童麿は真っ暗な精神世界に行くことになります。

そんな真っ暗な精神世界に突如現れた胡蝶しのぶ。その胡蝶しのぶに対して童麿は思いがけないことを言います。

 

君のことが好きになった

 

そんな言葉に対しての返答がこのセリフですね。

まさかこんなところでいきなり告白するなんて想像もしていませんでしたが、それに対する胡蝶しのぶの返答もすごいです。

まさにドSを極めた女性という感じがします笑

 

avatar

漫画好きの女性

こういうギャップのある女性が男性にはモテるのかな?笑

胡蝶しのぶから『糞野郎』の言葉いただきました!

avatar

通りすがりのオタク

 

その他名言:胡蝶カナエ

名前:胡蝶カナエ (こちょう かなえ)

性別:女性

所属:元鬼殺隊・花柱

呼吸:花の呼吸

 

胡蝶カナエは胡蝶しのぶの実の姉です。

花の呼吸の使い手の花柱でしたが、胡蝶しのぶのところで説明したように童麿によって命を奪われてしまいました。

胡蝶しのぶとは違い穏やかで心優しい人物です。カナヲが奴隷として生活している姿を見たときには、カナヲを保護し育てるということを即断即決しました。

鬼殺隊の隊律とは全く違った思想を持っており『鬼と仲良くしたい』という夢を持っています。その夢は胡蝶しのぶに受け継がれているようですね。

胡蝶カナエの性格に胡蝶しのぶが強く影響されているのは説明するまでもないでしょう。

 

胡蝶カナエの名言

胡蝶カナエは普段は穏やかで心優しいですが、それは自分の意思を曲げやすいということではありません。どんな状況であったとしても自分の意思は曲げない強い精神力を持っています。

たとえそれが自分の妹のしのぶが死にかけている状態であったとしても…ね。

優しいからこそ厳しいことが言えるのでしょう。

そんな胡蝶カナエの名言を紹介していきます。

 

名言1:関係ありません。立ちなさい…

 

関係ありません。立ちなさい。蟲柱・胡蝶しのぶ。

倒すと決めたら倒しなさい。勝つと決めたら勝ちなさい。どんな犠牲を払っても勝つ。私ともカナヲとも約束したんでしょう。

しのぶならちゃんとやれる。頑張って。

引用:鬼滅の刃 第142話 より

 

これは胡蝶カナエが童麿と戦っている胡蝶しのぶに言った言葉です。

もちろんこの時は既に胡蝶カナエはこの世にはいないので、胡蝶しのぶの作り出した妄想なのかもしれません…ですが胡蝶しのぶが言葉を聞いたのならそこに胡蝶カナエ意思はあったんでしょう。

普段は穏やかな女性だったカナエですが、このセリフには姉としての強さが現れていますよね。

 

自分で決めたことは最後まで全うしなさい。もしそれで命を落とすことになったとしても…

 

こう言っているような気がします。

もちろん姉なので妹の命の心配をしないわけがありません。ですがカナエは知っているのでしょう。

 

決めたことを達成できずに命を落としてしまう無念さ

 

というものを…

なんだか胡蝶しのぶの強さの源は姉だというのがわかるセリフですよね。もしここまで厳しくも優しい姉がいなかったら…

胡蝶しのぶは蟲柱にまで上り詰めてはいなかったのかもしれません。

いや…ほんと…童麿まじで嫌いだわ!

 

avatar

漫画好きの女性

作中屈指の美人二人を手にかけた童麿…読者の怒りを買うこと確定だね

しのぶとカナエの二人が同時に柱として活躍してる姿を見たかった

avatar

通りすがりのオタク

 

まとめ

みなさんは胡蝶しのぶと胡蝶カナエの名言をどう思いましたか?

個人的には優しい胡蝶しのぶよりも、童麿と戦っている口が悪い時の胡蝶しのぶの方が好きですね。普段はどことなく仮面を被っているような気がするのですが、この童麿と戦っている時だけは自分の本心から話しているように感じるからです。

あぁ…今となってはもう会うことはない胡蝶しのぶ…

正直例のあの時ばかりは作者を恨んでしまいました(汗

みんなも胡蝶しのぶには最後まで無事でいて欲しかったですよね?

 

ここまで長い文章を読んでいただきありがとうございました。

もし他にも胡蝶しのぶや胡蝶カナエの名言を知っているという人がいたら、コメント欄にお書きください。もしかしたらそのコメント欄を見て記事を更新し直すかもしれません。

それではまた別の記事でお会いしましょう!

アクション/バトルカテゴリの最新記事