【新世紀エヴァンゲリヲン】赤木リツコのセリフと名言:碇ゲンドウを愛してしまった女性

【新世紀エヴァンゲリヲン】赤木リツコのセリフと名言:碇ゲンドウを愛してしまった女性

人生は悩み事を少なくがモットーの自分ですが、たぶん1年間の中で年末が悩みましたね。

その悩みというのは、大学生にはお年玉が必要なのかどうかってことです。

大学生って一応学生になるのですが、20歳を超える成人でもあるんですよね。そう考えるとお年玉は渡すべきなのかそうでないのか…

結構このことで悩んでる人は多いんじゃないかと思います。自分の場合はお年玉を渡したんですけどね笑

後々のことも考えると、個人的には大学生にも渡すのが正解かと思います。そうなってくると大学院生にもお年玉は必要なのかって問題が出てくるんですけどね笑

 

さてそんなことはさておき今回はエヴァンゲリオンに登場する赤木リツコの名言を紹介しようと思います。

赤木リツコといえば美魔女の代名詞ですよね。年齢的には30歳とかなり若いですが、年齢に似合わない色気を持ち合わせているかと思います。

ということで赤木リツコの名言をお楽しみください!

 

赤木リツコとは

名前:赤木リツコ (アカギ リツコ)

性別:女性

年齢:30歳 (48歳)

所属:特務機関NERV戦術作戦部作戦局第一課

 

赤木リツコは特務機関NERVに所属している女性技術者です。年齢は原作漫画時では30歳、劇場版エヴァンゲリオン『Q』では48歳になります。

まだまだ若いですが、色気が半端無いですよね。いったいどんな人生を送ったらこんなに色気が出せるんだ笑

さて特務機関NERVに所属する技術者なだけあって、彼女が持っている技術は計り知れません。おそらくですが作中で最も頭のいいキャラの一人になるでしょう。

エヴァンゲリオンの開発総責任者でもあり、スーパーコンピュータシステム「MAGI」の管理と運営も任されています。

まだ要するに常人では理解できないくらい超頭がいいです笑

 

そんな赤木リツコ様ですが、実はめちゃくちゃ好きな人がいます。その好きな相手こそ碇ゲンドウその人です。

ですが碇ゲンドウは妻の碇ユイ一筋で、体の関係はあったもののゲンドウの心までは奪うことができませんでした。リツコもそのことには気づいていたみたいですけどね。

それでも諦められないくらい好きだったということでしょう。

赤木リツコの紹介だけで1記事かけそうな勢いなので、今日はこの辺で終了しときますが…

まぁ昼ドラ並みにドロドロな関係です笑

 

赤木リツコの名言

赤木リツコはやはり冷静沈着で冷たい物言いが特徴のキャラでしょう。

それは責任者としての立場からのものなのか、それとも元来そういう性格なのか…その辺は定かではありません。

ただ一つだけ言えるのは、人の気持ちを理解できない人物ではないということです。もしかしたら自分の気持ちを押し殺してるだけなのかもしれませんね。

そう考えると悲しい人なのかなと考えてしまいます(汗

そんな赤木リツコのセリフをお楽しみください!

 

名言1:厳密に言うとロボットじゃないわ…

 

厳密に言うとロボットじゃないわ。人の作り出した究極の汎用決戦兵器!

人造人間ヱヴァンゲリヲン。

引用:新世紀ヱヴァンゲリヲン 第2話 より

【一言】

汎用決戦兵器の”汎用”って言葉が気になったことを覚えてる。エヴァンゲリオンが対使徒決戦兵器って名前だったら納得したかもしれない。

もしかして使徒を倒す以外の目的があることの伏線なのか…

 

avatar

漫画好きの女性

一応人造人間に分類されるっぽいけど

人造人間とは一体(汗

avatar

通りすがりのオタク

 

名言2:あなたはもうネルフの人間ではないのよ…

あなたはもうネルフの人間ではないのよ。今のあなたには何も教えることはできないわ。

それがたとえ些細なことでもね。

引用:新世紀ヱヴァンゲリヲン 第12話 より

【一言】

情よりも規則を優先する女性。こういう女性は高慢に見えるのかもしれないけど、それだけ自分たちの立場が重要だって感じてるからの態度なのかもしれない。

こういう女性が以外とモテるんだよね笑

 

avatar

漫画好きの女性

もうちょっと優しくしてあげてもいいんじゃない

まぁ、他にも言い方はあったかもしれないね

avatar

通りすがりのオタク

 

名言3:でもいいかげんにこの手を離した方がいいわよ…

 

でもいいかげんにこの手を離した方がいいわよ。さっきからこわ〜〜いお姉さんが睨んでるから。

引用:新世紀ヱヴァンゲリヲン 第22話 より

【一言】

あの面食いの加地さんですら手を出したくなるほどの美貌。多分Nerv内には赤木リツコファンクラブみたいなものが存在するのかもしれない。

 

avatar

漫画好きの女性

葛木派か赤木派かに二分されてそうな予感

インテリ系好きは赤木さんです

avatar

通りすがりのオタク

 

名言4:それはこれから決めるわ…

それはこれから決めるわ。司令と相談してからね。

引用:新世紀ヱヴァンゲリヲン 第34話 より

【一言】

司令と相談って…どんな感じで相談するのかな。もしかして言葉だけじゃなかったりして…なんて考える自分はもう末期なのかもしれない。

 

avatar

漫画好きの女性

司令と相談してからね(意味深)

意味深って言葉を付け加えるだけで一気にやばい言葉に聞こえてきた(汗

avatar

通りすがりのオタク

 

名言5:たいしたものね…

たいしたものね。

ただの人形かと思っていたら、父親と息子を一度に手玉に取ろうとするなんて。

引用:新世紀ヱヴァンゲリヲン 第56話 より

【一言】

この嫌味ったらしいセリフ。まさに性格をこじらせたインテリ系って気がするね。でも歪んでしまうのもわかる気がする。

それくらい赤木リツコの周りの人間関係はドロドロ。

 

avatar

漫画好きの女性

このあと例の事件が起こるんだよね

赤木リツコのレイ殺人未遂事件…

avatar

通りすがりのオタク

 

名言6:せっかく拾った神様も消えてしまったわ…

せっかく拾った神様も消えてしまったわ。でも今度は神様を自分たちで復活させようとしたの。それがアダム。

そしてアダムから神様に似せて人間を作った。

それがエヴァ。

引用:新世紀ヱヴァンゲリヲン 第70話 より

【一言】

一度神様に頼ってしまった人間は、神様なしでは生きていけなくなる。それが人間が背負いし業の魂。その浅ましさは擬似神を作るまでに至る。

人間って本当に愚かだね。

 

avatar

漫画好きの女性

エヴァはただの人造人間じゃなかったのか

人造神様ってこと?

avatar

通りすがりのオタク

 

名言7:碇司令。お待ちしておりましたわ…

碇司令。お待ちしておりましたわ。

ここから先はあなたの思い通りにはならないわ。

引用:新世紀ヱヴァンゲリヲン 第84話 より

【一言】

自分の好きな人に銃を向ける赤木リツコ。この時の彼女はどんな気持ちだったのだろうか。今までは凛とした顔なことが多かったけど、この時は悲しそうに見える。

 

avatar

漫画好きの女性

今までゲンドウのいいなりで動いてきたリツコの反乱

(今までは思い通りに動いてきたけど)ここから先は思い通りにはならないってことなのかな

avatar

通りすがりのオタク

 

名言8:うそつき…あなたが愛したのは…

うそつき…あなたが愛したのは…

あの人だけでしょ

引用:新世紀ヱヴァンゲリヲン 第88話 より

【一言】

死ぬ間際までゲンドウのことを好きだったのかな。でもその気持ちが叶わないことも知ってたのかもしれない。

」あの人(碇ユイ)だけしか愛さないゲンドウ…リツコの気持ちを知ってて、その気持ちを利用したとするとゲンドウ許せない。

 

avatar

漫画好きの女性

リツコが何を思いながら息を引き取ったのかは謎のまま

この世の宝をまた一つ失ってしまった

avatar

通りすがりのオタク

 

まとめ

みなさん赤木リツコの名言はどうだったでしょうか。

彼女は最後に愛した人に殺され、愛した人を殺すわけですが…彼女は本当にそれでよかったのか疑問が残ります。良かったわけはないんだすけど。

ただそうすることでしか自分の気持ちに耐えることができなかったのでしょう。そう考えると本当に不器用な人なんだなって気がします。

 

ここまで長い文章を読んでいただきありがとうございました。

他にもエヴァンゲリオンのキャラの名言をまとめていますので、もし時間があればそちらも合わせて読んでみてください。

それではまた別の記事でお会いしましょう!

 

⇒ 『新世紀エヴァンゲリオン』の名言一覧に戻る

SF/ファンタジーカテゴリの最新記事